京都ならではの古い家の蛇口からの水漏れは自力で対策

新しい建物で用いられている洗面台では近づくとセンサーが探知して水を出し、一定量を出したら止めるといったシステムで動くようになっており、水を出す必要があるものの栓に触りたくないという人に好評です。あるいはセンサーが探知するのではなく、自らの意思で水を出す場合にはシングルハンド混合水栓が多く用いられています。水と湯をハンドルを動かすだけで調整できますので、寒いときに洗面台からお湯が出てくるのは嬉しい限りです。ただ、これら最新型の洗面台で用いられている水栓とつながっている蛇口からの水漏れは、ハンドルレバーの構造が複雑だったり、センサーであればそもそもレバー自体がないとあって、素人が水漏れを直すのはまず無理だと考えておくのが無難です。

下手に触って壊してしまったら、その方が高い修理代になるのは間違いありません。その反対に、自分で簡単に蛇口からの水漏れを直すことができる家も、京都にはまだまだたくさんあります。いわゆるお湯と水のどちらを出すかを選べる混合水栓のハンドルを用いている場合で、お湯の取り扱いには注意が必要なものの、構造そのものは簡単になっていることから、蛇口からの水漏れもパッキンの交換などで簡単に直ることが多いのです。京都の古い家のことを町家と言い、夏をいかに涼しく過ごすかを考えて造られているのが特徴ですが、まだまだ使える蛇口であれば、京都では自力で水漏れを直して使い続けている住人が多いのも特徴と言えそうです。

Filed under: トイレ, 修理, 生活/暮らしTagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website