京都にできる新しい家の蛇口からの水漏れは

京都には古い建物が数多く残っており、昔ながらのうなぎの寝床と呼ばれる間口が狭くて奥に行くにつれて広くなる京町家を改造し、レストランやカフェにしている店が人気です。ただ、一般的な生活を送る人達の住まいとなる家は、新しい家であれば最新式の設備が用いられていることがほとんどで、キッチンやお風呂、洗面台などの蛇口の大半は二つの混合栓のいずれかが用いられています。最近の人気はシングルレバー混合水栓で、ハンドルの位置を動かすことによってお湯と水を出し分けるタイプです。レバーが一つだけのために、水栓に場所を取らないとあって主流になって広まっています。

もう一つは昔ながらのハンドル混合水栓で、お湯と水の両方のハンドルがあり、ふたつを調整しながら蛇口の先から出てくる水の温度を調整するものです。蛇口からの水漏れはどちらからも起こりますが、新しい家の場合は見た目がきれいで使いやすいシングルレバー混合水栓を採用していることが多く、水漏れが起こった時に素人が対処するのは構造的に見てかなり難しいと言えます。一方の昔ながらのハンドル混合水栓は造りそのものが単純なため、水漏れの原因が単にパッキンの摩耗だった場合には自分で簡単に直すことができるのです。さらに、そもそも壊れにくいというメリットもあって、それゆえに歴史のある建物や文化財の多い京都ではハンドル混合水栓を見かけることが多いのかもしれません。

京都にも新しい家がどんどん建っていますので、シングルレバー混合水栓を用いた蛇口からの水漏れの場合はシングルレバーハンドルをダメにしてしまわないためにも、京都の水道修理業者に頼むのがベターです。蛇口の漏れの修理のことならこちら

Filed under: 漏れ, 生活/暮らし, 蛇口Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website