トイレのつまりや漏れのトラブル解消は業者を頼りに

トイレのトラブルとして、つまりや漏れという症状があります。かつてであれば、どの家庭でも汲み取り式のトイレだったために水回りのトラブルというのは全く発生しませんでしたが、水洗式になればさまざまな不具合も出ます。便利な機能が搭載されていれば、構造も複雑になっているために自分で修理をするのが難しく感じてしまいますが、ちょっとしたことであれば簡単に解決できるケースもあります。漏れのトラブルの中でも自分でできることとして、タンク内から便器への水漏れです。

これは、タンクの水をしっかりと閉めるための弁が閉まり切っていないということもあり、弁の蓋との間に異物が挟まっているケースが当てはまります。タンク内のチェーンであったり、節約のために水を入れたペットボトルが入っているという場合には、これらがきちんと定位置にあるかどうかのチェックだけでも構いません。また、つまりのトラブルではラバーカップを使用して押し流してみるといいでしょう。スッポンとも呼ばれるこの道具は、ホームセンターでも手軽に手に入れることができます。

ただし、固形の排泄物や大量なトイレットペーパーを一度に流してしまった場合には効果的なのですが、鍵や携帯電話、ハンカチやポケットティッシュなどの水に溶けないものを落としてしまったことが原因のつまりとなると、押し流すわけにもいきません。自分の手が届かないようであれば、早めに業者に依頼して解決する必要が出てきます。

Filed under: 修理, 水道詰まり, 生活/暮らしTagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website