両国で内視鏡は、昔からクリニックで行われてきました。検査を行うときは痛そう苦しそう、おえっとえずいて大変そうというイメージを今だに持っている人も多いですが、のどには麻酔を使って苦痛を軽減する対応がとられますし、クリニックによっては眠っている間に検査を済ませてくれるところがあるので、自分が安心して受けられる方を選ぶと良いでしょう。胃の検査でわかることは、胃炎の状態を調べることができます。持続的に胃の痛みを感じているときには検査を勧められることが多く、胃炎が悪化していないかポリープまたはがんが発生していないかを確認します。

胃にできるポリープは、必ず切除しなければならないものではありません。でも生検を行う必要性がある場合や出血が認められる場合などは、貧血を避けるためにも切除が行われます。両国で内視鏡検査を受けて胃を調べるとき、ピロリ菌に感染していないかも調べることができます。胃がんになる人の中にはピロリ菌による胃炎や潰瘍からがんになる人も一定数いるため、現在症状が出ていなくてもピロリ菌がいたら早めに除菌をすることが大切です。

ピロリ菌がいなくなったら、必ずしも胃がんにならない炎症や潰瘍も起きないということではありません。炎症は他の菌でも起きる可能性がありますし、ストレスなどでも起きます。1回検査をして問題がなかったから以降は検査を受けないのではなく、症状がない場合は2年から3年に1度、炎症や潰瘍が発見されたことがある人は、1年に1回くらい適切なスパンで両国で内視鏡検査を予約して受けると良いでしょう。AEDのレンタルのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です