現在は、ガンといえども、早期発見で治療ができる時代になってきています。もちろん、そのためには、普段から定期的に検診に通ったり、不調を感じたら早めに医療機関を受診するという心がけは必要です。胃の不調を感じた場合、症状によっては胃カメラの検査が必要になりますが、胃カメラがいやで、なかなか病院にいかないという人も多いのではないでしょうか。確かに、昔は内視鏡検査は苦しいという時代もありました。

しかし、現在では技術が進んで、カメラ自体も昔に比べてずいぶん小型になってきていますし、苦痛を感じないで検査できるような工夫がされるようになっています。両国にはたくさんの内科や消化器内科がありますが、中には、内視鏡検査を受ける時に鎮静剤を利用することで、眠っている間に検査が終わっているという方法を取り入れているクリニックがあります。この方法なら、今までこわくて胃カメラの検査を躊躇していた人も、安心して受けることができますし、体力のないお年寄りの人などでも、楽に検査を受けることができます。また、「経鼻内視鏡」という、鼻から胃カメラを通す方法では、鎮静剤を利用しなくても、比較的楽に検査を受けることが可能になっています。

この方法は内視鏡検査の中ではまだ新しい検査方法で、取り入れているクリニックも少ないのですが、両国には何軒かありますので、希望する人はそのようなクリニックを受診してみましょう。さらに、内視鏡検査でもしものことがあった時のために、両国付近の総合病院などとしっかり連携のとれているクリニックを選べば、より安心できるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です