両国駅周辺で内視鏡検査ができる医療機関は複数ありますが、目的に応じて選ぶことをお勧めします。胃の中を診察するものは上部消化管内視鏡と言い、通称「胃カメラ」と呼ばれます。胃カメラは、食道、胃、十二指腸を観察することができ、ポリープなどを発見した場合、内蔵されている鉗子で切除することが可能です。切除したポリープ等は病理診断により悪性か良性かを診断します。

胃カメラは、口から入れるもの、鼻から入れるものがあります。口から入れる場合は、のどを通過する際、嘔吐感があるため、鎮静剤や喉への麻酔を施してから検査を行います。鼻から入れる場合は、鼻の通りを良くする薬を入れてから、鼻に麻酔をかけます。鼻から入れる方が、嘔吐反射が無いので楽に検査が受けられますが、カメラの直径を細くしなければならないため、口から入れるタイプよりも画質が低く、治療も簡易的なものしかできません。

一方、口から入れるタイプはより高画質なため、詳細な検査に適しており、治療の幅も広がります。両国駅周辺で内視鏡検査を受けたい場合は、消化器内科を探します。調べたところ少なくとも、両国駅周辺には3件以上の内視鏡検査に対応した医療機関があります。しかも、ほとんどの医療機関が鼻から入れるタイプを備えていますので、初めてで不安がある方でも安心して受診できます。

ちなみに、先生の診療方針によっては、鼻から入れるタイプを希望しても、口から入れるタイプを指定されることがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です